ピアノ調律・調整 | ピアノ引越し・移動・保管ならピアノ運送株式会社

ピアノ調律・調整

あなたのピアノ、
正確な音を奏でていますか?

引越しの無料お見積もり

ピアノ運送の調律・調整

天然素材や精密部品が数多く使われているピアノは温度や湿度に敏感で、時間が経つにつれどうしても少しずつ音が狂ってきます。そこで、いつもベストな状態を保つためには、音律を合わせる「調律」が必要となります。「ピアノ運送」では、訓練されたプロの調律師による調律サービスを実施。たとえ使用する回数が少なくても音色は変わってきますから、大切なピアノのためにも定期的に調律することをおすすめします。

アップライトピアノ

基本料金 ¥12,000
(調律頻度により別途料金が発生する場合が有ります。)

お得なセット料金

セット料金 ¥37,000
〈クリーニング作業 + 調律〉のセット割引料金

見学ツアー

工房を見に行こう!

ピアノの状態のアレコレ

ピアノのタッチについて

初めて弾くピアノの鍵盤のタッチが、いつも自分が弾いているものとは違うと感じたことはありませんか。それは、それぞれのピアノの鍵盤の重さが違うといったほかに、湿気が原因となっている場合があります。また、あまり使われていないピアノは鍵盤タッチが重くなります。こうしたタッチの感の問題は部品や音の調整である程度解消できるので、重すぎたり軽すぎたりして弾きにくいと思ったら調律師に相談してみることをお勧めします。

鍵盤の動きを鈍くする“湿気

ピアノを弾いたとき、鍵盤の戻り方がゆっくりになったり、あるいは下がったままになったりすることがありますが、その主な原因と考えられているのが湿気です。ピアノの鍵盤や部品の多くは木でできているため湿気を含みやすく、極端に湿気を含むと部品が反ったり、縮んだりして、鍵盤の動きが悪くなるのです。また、金属部品が錆びていたり、鍵盤の下に何かが挟まったりしても鍵盤の動きが悪くなることがあります。

変な音がする場合

ピアノの音が変に響いて聞こえたり、雑音がしたりするのは、ピアノの音に何かが共振しているのが原因と考えられます。たとえば、ガラスや金属は共振しやすいので、部屋に飾ってある額縁や時計などに響いているのかもしれません。その場合は共振しているものの位置をずらすなどしてみてください。ピアノ周辺はとくに響きやすいので、上に何かをのせたり、後にモノを落したりしないよう気をつけましょう。また、ピアノの部品や外装が問題で雑音が発生していることもあります。その場合は部品や外装を調整すれば良くなります。